テーマ:機材

2インチコマコレクター

先日、2インチコマコレクターを購入しました。GINJI200Nで直焦点撮影が再び可能になりました。 カメラに装着して2インチ接眼部に差込む。 GINJI200NはLP接眼部が付いている時は直焦点で撮影が可能でしたが、 電動化したクレイフォード接眼部に交換したため、直焦点撮影ができなくなっていました。 GINJI200Nは…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

5/27の太陽(Hα光)

P.S.T.+PL-131Mによる直焦点撮影。 私はP.S.T.接眼部の内部を見たことがありませんが、 ネジ(合焦つまみ)で内部ペンタプリズムを押し引きしてピント調整する構造だそうです。 なので、構造上、バックフォーカスが十分取れないとのことです。 私は直焦点撮影は絶対に不可能と考えていました。ところが・・ このカメラ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

5/10の太陽(Hα光)&PL-131Mウエブカムによる初ショット

フレアーが発生している時間帯に撮影できました。 観察していると、見る見る明るく輝いてきたので不気味な感じがしました。 PL-131Mウエブカムによる初ショットです。 1/2インチウエブカムですが、全体像は入りません。 北半球と南半球2枚のモザイク合成で全球を作成しています。 なかなか高解像ですね。画質はDMKよりキ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

太陽Hα光全球画像

P.S.T.+EOS Kiss X2で写したHα画像。 光球面はおとなしい写りだけど、COOLPIX990の代替として十分使えそう。 プロミネンスの写りは良い。DMKだったらもっと詳細が写せるだろうけど、 1/2インチ型でも半球ぐらいしか写せないでしょう。 全球画像を作るにはモザイク合成しなければならないでしょう。 1…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

バローレンズ比較

やはり画像比較したくなりますね。同じ場所を撮りました。 GSOバロー使用 Kasaiバロー使用 GSOバローは周辺部が流れていますね。Kasaiバローは周辺部も良好です。 GSOバローはデジタル一眼(EOS X2)と組んで全体像の撮影に使おうと考えています。 問題は合焦つまみの可動範囲内でピントが出るのかどうか?ですが…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

GSO 2xアクロマート31.7mmバロー

こんな便利なバローがあったんですね!(^o^) レンズセルは31.7mmネジが切ってあるので、ウエブカム31.7mm接眼アダプターに直接取り付けできます。 レンズセルを外したバロー本体は延長筒として使うこともできます。 Kasai3枚玉2×ショートバローもそうですが、レンズセルのみの直結だとP.S.T.でピントが出ます。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

P.S.T.撮影用バロー

こんなの作りました! 作りましたといっても、これは笠井トレーディングの3枚玉2倍ショートバローです。 DBKに付属していたCマウントの保護キャップをくっつけて、 Cマウントのウエブカムに直結できるようにしました。 バローの接眼部分を外し、レンズ部分をウエブカムに直結させると合焦が得られました。 大発見!?(^o^)  …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

P.S.T.のリレーレンズ撮影法とP.S.T.+DMKによるHα画像

P.S.T.の焦点調節範囲は非常に狭いので、ピントの得られる拡大レンズは限られる。 NPL15mmはそのまま接眼部に差し込むと、まあ余裕でピントが得られた。 しかし、NPL25mmはCCDとの距離を長くとると、ぎりぎりピントが得られるが、 短くするとピントが得られない。焦点位置は後方にくるので“接眼延長アダプタ”なるものを作った。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

1/26 1402黒点群とSEMI-APOフィルター

SEMI-APO(セミアポ)フィルターを購入。早速試してみました。 SEMI-APOフィルターは青にじみの波長成分をカットするフィルターで、 屈折光学系の色収差を目立たなくするのとコントラストを上げる効果があるそうです。 青にじみは確かに目立たなくなっていますね。SEMI-APOフィルターなしの画像↓です。 比較すると効…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

MEF-3

KHM電動フォーカサー、ε160に付け替えたので、FS60Cのがありません。 FS60Cにも電動フォーカサーを取り付けたいので、KKに再注文しましたが、 品切れとの事です。次回入荷予定は12月末~来年1月との事なので、 1カ月以上かかります。その間、TA160に取り付けてあったMEF-3 (ピント微動装置)を、代わりに取り付ける…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

電動フォーカサー

2つポチッちゃいました(^o^;) 左はKasaiトレーディングのクレイフォード接眼用、 右は国際光器の低価格KHM電動フォーカサー、これはFS60Cに取付けた。 シーイングの悪い時などはピント合わせを何度もやり直すことが多い。 手動でフォーカスノブを何度も廻していると精神的にも肉低的にも疲れる。 電動フォーカサーは遠…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

フィリップミラー改造

早い梅雨入りで鬱陶しいですよね。台風も接近しているし・・(^^;) フィリップミラーを短く改造してみました。 オリジナルのフィリップミラーは長くて重い。 弱い接眼部に取り付けると大変不安定です。 なので、使うのを止めていましたが、使いたくなりました。 タカハシのフィルターボックスは3個持っています。 1個つぶしてもかまわ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今さらToUcam されどToUcam・・

ToUcam Proの登場は衝撃的でしたね! 惑星の撮影は、それまで冷却CCD(BJ-30L)やデジカメ(COOLPIX990)で、 行っていました。それ以前はフイルムカメラで・・(^^) ズームレンズを装着 ToUcamは今でも使っています。黒点の拡大撮影とお遊びカメラ?として・・
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

CCD保護フィルター

CCD保護フィルターがもう1つほしい。 デジカメ用プロテクターフィルターを買った。 バーダープラネタリウム社の31.7mmクリアフィルターを、 CCD保護フィルターとして使っていたが、再び注文するのは躊躇していた。 少し高価なのと取り寄せに約1ヵ月かかる。 デジカメ用MCプロテクターフィルター(28mm径クールピクス用)な…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

SPC900NC vs DBK21AU04

カラー画像の比較。コンポジット枚数は同じ(1500フレーム)です。 DBKは昨年(2009年)の画像だし、設定&拡大率も違うので、 正確な比較ではありませんが、画像を比較してみると、 SPC900NCで撮った画像の方が高画質といえるのではないでしょうか。 色彩もSPC900NCの方が鮮やかに思います。 DBKは画質がやや粗…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ガイドマウント破損!

ハンドルを廻していたら、心棒の根本がボキっと折れてしまいました。 あらら・・(^_-;) 中のスプリングの圧力に耐えかねて、金属疲労でしょう。 このガイドマウント、Atomのだったっけ・・古る~ 最近、ガイド撮影には興味がないので、新たに買おうとは思いません。 FS60C鏡筒バンドは赤道儀のプレートに直接取り付けることにしま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

7~8月夕刻、星景撮影を楽しめる!(^o^)

夕刻西空、金星、火星、土星が接近している。その間、月と水星も接近する。 今年の夏は星景撮影が楽しめますね。早く梅雨明けないかな・・(^o^;) 2010年7月15日19時48分(JST) 大阪 日没50分後 2010年7月29日19時39分(JST) 大阪 日没50分後 2010年8月13日19時24分(JST) 大…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2/28のHα太陽(P.S.T.でリレーレンズ方による撮影)

P.S.T.ではリレーレンズ方による拡大撮影は無理と思っていましたが、 VixenのNPL15mmアイピースでピントが出ました!(^o^) これは大発見?です!(というか単に自分だけが知らなかっただけかも・・^^;) P.S.T.はコリメート方でしか撮影できないと思っていましたが・・ P.S.T.+NPL15mm+ToUca…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

ファインダー取付バンドに改造

鏡筒バンドにファインダー脚をくっ付けて、 ファインダー取付バンドなるものに改造しました。 これでファインダーを自由に回転できるようになりました。 鏡筒バンド取付部に穴を開け、タップを立ててネジで取り付けました。 ファインダーは鏡筒の向きによって大変覗きにくい位置にくる場合があるので、 覗きやすい位置に自由にシフトできるよう…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

(続)ToUcam ProⅡを流星撮影用に使う!?

カメラ三脚取付金具が見つかった。これに穴を開けてToUcam Ⅱを取り付け、 自由雲台に直接取り付けることができた。 モニター画面を見てチェックする。長辺20度ぐらいの視野がある。 絞りを解放(F1.5)にすると視野は結構明るい。肉眼で見える流星は写せると思う。 ステラナビVer8によるシミュレーション 火星を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ToUcam ProⅡを流星撮影用に使う!?

最近、使っていないToUcam Ⅱだが、 以前持っていたデジカメの標準レンズ(8mm F1.5 Cマウント)を装着してみた。 ケースの裏ふたに穴を開けてボルトを通し、マウントに固定できるようにした。 これで流星の動画撮影に使えないかなと思っている。 13~14日にかけてふたご座流星群の活動ピークですね。 明るい流星なら写…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

皆既日食の準備

早くも約2週間後に迫っている!(^^;) 第2、第3接触のダイアモンドリングのシーンは、動画で撮影したい。 皆既日食で最も感動するシーンだ!最近のコンデジは動画も静止画も撮影できる。 また、ピント、露出、その他、フルオートで撮影できる。 どのような撮影条件でも臨機応変に対応できるのはいい。 小生、同じコンデジ(Panasoni…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

皆既日食に持っていく機材(3)

いろいろ考えた末、この機材の組み合わせで撮影しようと思っている。 最初、赤道儀一式は持っていかないつもりだったが、だんだん欲が出てきた!(^◇^) スカイパトロール赤道儀なら超軽量だし、赤道儀に載せた方が撮影は当然楽だ。 三脚を含めてこのショルダーバックの中に全て収まった。 望遠鏡は持っていかない。総重量はそれほど重…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

6/14土星

梅雨の晴れ間。せっかく撮ったのに////////////(つд`) ToUcamは暗い対象には強いノイズが現れてくる。D*Kは現れてこない。 D*Kは大変スグレモノのWebカムだ。D*Kを使えばよいが、 小生、ToUcamには愛着を感じている。使わにゃ勿体ない! ToUcamも大いに使っていきたい。暗い対象は苦手だが、 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

皆既日食に持っていく機材(2)

この機材(FS60C)を持って行こうか、どうしようかと思っている。 前回、91年の時は、無謀にも10センチフローライト+EM-10赤道儀一式を、 メキシコへ持って行ったが、途中、エライ目?にあってきた!・゚・(ノД`;)・゚・ 前回の経験から、重い荷物には懲りたので、 今回は、望遠鏡を持って行くのはやめておこうと思っていた…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

補正レンズ到着

注文していたε160用デジタル対応補正レンズが到着した。旧補正レンズと比較してみた。 (左)旧補正レンズ  (右)デジタル対応補正レンズ 全長が短くなっていて軽い。レンズ枚数が2群2枚と旧補正レンズの半分に減少したため。 また、全面がほぼ10ミクロンの星像で、コントラストも格段に向上したとの事。 今まで使用していた旧補…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

皆既日食に持っていく機材

梅雨の間は日食の準備・・ 梅雨明け頃にはいよいよ中国へ皆既日食遠征だ!● 今回は何が何でも見に行きたいと思った。 久しぶりの海外遠征なので不安を感じている。一番心配なのは自分の体調! 最近体力がなくなってきているので・・(^^;) 小生が持って行こうと思っている機材はこれ↓ 要するにコンデジ・・これなら荷物にならない(^…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ε160/130用デジタル対応補正レンズ発売

http://www.takahashijapan.com/ct-news/news_090527.html 長年愛用している小生のε160の補正レンズは表面にクモリが生じており、 以前、メーカーに除去を依頼したが、修理不能だった。 何とかならないものかと思っていたが、まさか今頃、 旧イプシロン用の新補正レンズが発売されるとは思…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

COOLPIX990

このデジカメが登場した時は嬉しかった!2000年の春ごろだった。 天体撮影に適したデジカメがやっと登場した。 それまでのデジカメは天体撮影には不向きだった。 このCOOLPIX990はHαの透過率が良く、 現在も太陽のHα撮影にこのCOOLPIX990が最適のようだ。 しかし、メーカーのサポートはすでに終了している。次壊れ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

廃物利用のウエッジプリズム回転器具

廃物のテープカッターを利用した。 芯の孔にウエッジプリズムがピッタリ納まった。孔のサイズも1インチだ。 ウエッジプリズムを回転させて色ズレの方向と一致させる。 芯の周りに穴を開け、ボールペンの先などで穴を突いて回転させる。 あまりスムーズな回転ではないが、何とか無難に使える(^^;) 小生、フィルターボックスに挿入した…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more